ジェットスターの予約した後のキャンセル?

gazou-33

今では有名な格安航空会社となっています。現在は多くの格安航空会社がありますが、ジェットスターもそんな「格安航空券の予約」に特化した会社となっています。

2020年に東京オリンピックを控えている日本では、各国からの注目度も非常に高くい、海外からの観光客が、増加している傾向にあります。
それに伴って、日本人が海外に興味を示す傾向も、右肩上がりとなっており、景気が悪いといわれている今の状況の中で、必死に社会貢献をし、貯金をして旅行にいく人の割合が増えてきています。

そんな今、需要が高まる中で、低コストで旅行を楽しむことができるように、それぞれの航空会社では、いろいろなプランやツアーの提供がされています。その中でもスカイチケットはジェットスターが格安で販売されており、アプリでも人気1位の会社が販売しているので安心のサイトになっています。

そんな中でも、ジェットスターでは、CM放送の影響もあり、オレンジ色を基調とし、星のマークが描かれている航空機で有名となっています。誰もが一度は見たことがある!という方が多いのではないでしょうか?
ジェットスターの魅力を伝えたいがために、少々前置きが長くなってしまいましたが、早速内容に入っていきたいと思います。

これまでいろいろとまとめてきましたが、ここでは「ジェットスターにて航空券を予約した後に、キャンセルができるのか?」という疑問についてまとめていきたいと思います。

どんなに安く席を取れたとしても、直前になって「キャンセルせざるを得ない・・・」といったこともあるかと思います。そんな方に向けて、書いていきたいと思います。

キャンセルとなると遅くても3日前といった印象があるかとは思いますが、ジェットスターでは、搭乗する便のチェックイン時間ギリギリまで変更が可能となっています。払い戻しに関する手数料もかかってはきますが、当日どうしても都合が悪くなってしまった場合には仕方ありません。最安値の方法で払い戻しができるように考えることが第一です。

元の金額が安い分、こういった万が一の際に、大きな金額がかかってきてしまうのではないか・・・もしかしたら返金される金額は半額にも満たないのではないかと思われがちですが、意外にも、大手の航空会社と変わりがないように感じます。

しかし、ここで大きな落とし穴が・・・!

ジェットスターの予約プランは、いくつかのコースに分かれています。それをしっかりと確認したうえで予約をする必要があります。

もちろんその中には予約する際は、安い金額でできるが、こういった万が一の時に返金が適用されないといったものもあるので、安く済ませるためにも、なるべく確実に行ける日程で、キャンセルをすることがないように気をつけて予約する必要があります。

記事内でご紹介したおすすめのサイトはこちらになります!
>>スカイチケットはジェットスターが格安<<

一度は利用したことがあるジェットスターの手数料

格安航空券の予約としても有名なジェットスターですが、一度は利用したことがある!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

現在では驚くほどの安い金額で旅行に行くことができるということで、格安航空機を利用する人が年々増加しています。
それに伴って、格安航空券を提供する会社も徐々に増えてきています。

そんな中でも今回は、「航空券を予約したが、どうしてもキャンセルをしなければならないときはどうしたら良いの・・・?」といった疑問に応えていきたいと思います。
「予約をしたが、急な用事が入ってしまい、予約をキャンセルしなくてはならなくなった。」といったケースも少なくはありません。
予約をするうえではもちろん、背負うリスクがあります。そんな万が一の緊急事態に備えてしっかりと理解しておきましょう。まず、ジェットスターにはいくつかのプランがあります。安い金額で旅行を楽しむことができるジェットスターなので、多くの場合がキャンセルをした際に、返金がないということが多いです。
しかし、その中でもStarter Maxといったプランのみ、3000円ほどの手数料を支払えば、キャンセルの手続きが可能となっています。
他のプランでは、予約変更の手続きが無料で行えるものもありますが、キャンセルはできないといったものがほとんどですので、ある意味このプランは貴重ですね。
旅行にはいきたいが、万が一の場合に備えて席のみの確保をしておきたいという方や仕事の都合で航空機を利用するために予約をとっておきたいという方のためには、非常に良いサービスかと思います。

しかし、個人的な意見としては、格安航空券として金額を抑えたい方にとっては少しもったいないかな・・・という風にも感じてしまいます。
理由としては、Starter Maxの場合、大手の航空会社の航空券と比較しても、金額にあまり差がないように感じてしまうからです。
「安い金額でお得にかしこく楽しめる。」といったことが、格安航空券の良い点だと感じます。きっと格安航空券を利用しようとする方のほとんどが同じ考えなのではないのでしょうか?
私自身もやはり、どうせ利用するなら安く!と考えてしまう派なので、お得な情報をお伝えするためにもこういった意見を述べさせていただいています・・・

しかし、ジェットスターの他のプランは、キャンセルにおいて払い戻しができなくとも、元の値段が非常に安いです。

旅行へ行く際には確実に行ける日を選び、それを元に予約をする必要があると思います。

どうかあなたのこれからの旅が素敵な思い出となりますように・・・

予約キャンセルはいつまでにすれば?ジェットスター

今回ジェットスターに関することについて書いていきたいと思います。

ジェットスターは格安航空券の予約ができるとしてその名が知られております。
そんなジェットスターですが、実際にどんな感じなのか?

現在多くの格安航空券を購入することができるようになっており、たくさんある中から、どれを選んだら良いのか、迷ってしまうといった方も中にはいらっしゃるかと思います。
そんな中でも、「ジェットスターで格安航空券を予約ました!しかし、その後にどうしても外せない用事ができてしまったんです・・・そんなとき、予約のキャンセルはいつまでにすれば良いですか?」といった質問が多くよせられました。今回はそんな疑問についてまとめていきたいと思います。

こういった万が一の状況に陥ってしまうといった方は少なくはありません。
もしかすると今までキャンセルしたことがないよ!という方でも、今後もしかしたら同じ立場となるかもしれないので、知識として取り入れておくと良いかと思います。

まず、最初に気をつけてもらいたいことが、ジェットスターのプランの中には、予約のキャンセルができないプランがあるということです。この知識があるかないかで後々左右されるので、これを読んでいただいている方は非常にラッキーです!しっかりと覚えておいてください。

安い値段で旅行を楽しむことができる反面、キャンセルともなれば、どの航空会社においても、空席ができてしまいます。そういった問題を事前に防ぐために、格安航空券を取り扱っている航空会社では、元の金額を大幅に抑えています。
したがって、中には、キャンセル手続きや返金をすることができない場合もあるので、予約する前にしっかりと、どういった内容での予約なのか、ということを把握しておく必要があると思います。

「そうなると、ジェットスターでは、どのプランで予約しておけばキャンセルができるのか?」ということになってくるかと思います、ジェットスターでは、数あるプランの中から「Max」というものが付いているプランを選ぶ必要があります。このプランに関しては、キャンセルができるようです。

もちろんキャンセルする際には手数料が発生します。しかし、その手数料は3000円ほどなので、フライト料金と比較してみても、安い金額で済ませることができると思います。

予約や席の確保はしておきたいが、万が一、当日に行くことができなくなるかもしれない・・・という方にとっては、このプランで予約しておくと良いでしょう。

また、キャンセルの方法としては基本的に出発ギリギリまで可能かと思います。
しかし、不安な方や、詳しいことを聞きたいという方は、メールまたは電話にて問い合わせをしてみると良いでしょう。スムーズにやりとりができるかと思います。

キャンセルした際のジェットスターの手数料

格安航空券の予約ができるということで知られていますが、現在では格安航空券を取り扱っている会社は多数存在します。
その中でも、今非常に注目されている会社といえば「ジェットスター」なのではないでしょうか?
多くのメディアにも出ているということでその知名度は知れ渡っています。

そんなジェットスターですが、ここでは「ジェットスターの予約の注意事項」についてまとめていきたいと思います。
まずは、知っておきたい内容として、予約時に関することです。

ジェットスターにはいくつかの予約プランがあります。その中には予約の変更が無料でできるといったものもあります。また一般的には適用されることのない「キャンセル手続き」の適用が可能となっているプランもあります。いざという時にキャンセルをしなければならないといった場合の多くは、元値が安い分、返金されないといったケースが多いので、万が一のために不安だから・・・という方には、しっかりと適したものを選ぶ必要があります。

また、荷物によっても金額が異なってきます。旅行ともなれば、持っていくものや、帰りのお土産として機内にのせる荷物の量は人それぞれです。荷物によっても金額が変わってくるので、事前にしっかりと計画を立てて、どのくらいの量になるのか、おおよその目安を確認しておく必要があると思います。

その他にも、お子さんを連れて一緒に搭乗する方は、お子さんの人数を記入する項目もあります。プランによっては、お子さんの同伴が無料になる場合があります。
万が一、記入漏れがあった場合には、無料の適用がされないといったケースも考えられるのでしっかりとチェックすることを忘れないようにしておきましょう。

また、中には、高齢者の方がいらっしゃるかもしれません。ご年齢によっては割引のきくプランもあります。そういった場合に「大人」のみの項目で予約をしてしまうと、割引適用の除外となってしまうケースがあります。

さらには、妊娠中の方もしっかりとチェックをしておく必要があります。
妊娠中の場合、いつ何が起こるかわかりません。その場に応じた対応ができるよう、妊娠中であるということを忘れずに記入しておきましょう。

予約の際には以上の点にしっかりと注意して記入漏れがないようにしましょう。
万が一、不安やその他質問がある場合には、直接メールで問い合わせをしたり、電話で聞いてみるなどの工夫をすると良いと思います。

はじめての旅行など、いく先々で慣れない場面に出くわすことがあるかと思いますが、その時に合った正しい対応ができるように事前にチェックしておくことが大切です。

ジェットスターで旅行急に予約をキャンセルしなければいけなくなった

今回はジェットスターについて書いていきたいと思います。
格安航空券の予約ができるということで知られているジェットスターですが、まだまだその実態を知らない人が多いのではないでしょうか?
そんなジェットスターですが、みなさんは「急に予約をキャンセルしなければいけなくなった・・・。」なんていう事態に陥ってしまったことはありませんか?

旅行を計画していく中で、「予約」というものは、あくまで未来のための準備ということで、当日に万が一入ってしまった・・・なんてことも少なくはありません。そうです。キャンセルは仕方がないことです。いつどんな時に予定が入るかは、その時になってみないとわからないものですからね。
起きたことは仕方がありません!大切なのは、そんな万が一の事態に、焦ることなく対処することです。そのためには、なんといっても予約をするその瞬間が大切です。お金を支払ってしまってからでは、取り返しがつかずに困った・・・なんてケースもあります。

格安航空会社では、その多くがキャンセルを取り扱っていないことが多いです。
特に、プランやツアーなどの特別枠として予約できるものに関しては、なおさらキャンセルなど適用されません。

ジェットスターに関しても一般的な予約プランとなるとキャンセルができず、返金保証がないといったことがほとんどです。
しかし、そんな中でも「Max」がついたプランのみは、返金の適用があります。
予約の段階に万が一に備えて・・・と考える方や、普段から予定の変更が多くあるといった方には、保険がてらにこのプランでの予約をオススメします。

もちろん、予約キャンセルの際には、手数料が3000円ほどかかってはきますが、その他にかかる費用を考えたら安いもんですよね!
Maxが適用され、キャンセルができる方は基本的にいつでもキャンセルが可能です。
しかし、できるだけ早めにキャンセル手続きをした方が良いと思われます。

また、キャンセルはしなくとも、予約の変更のみをしたいという方はこのプラン以外にも予約の際から安い値段で済ませることができ、なおかつ変更手数料が無料でできるといったプランもあるので、当日は行けなくなってしまったが、別の日であれば行ける可能性があるという方は、そのプランを利用すると良いでしょう。

人それぞれのプランがあり、旅の目的も普段の生活状況も異なってくるかと思います。
しかし、急な用事ができてしまい、どうしても外せない!ということももちろんあります。
もし、万が一こういったことが起こったとしても、冷静に対応できることを願っています。

思い出に残る旅のために、自分にぴったりな内容を見つけ出しましょう!